APEX反省メモ:記録9

スポンサーリンク
味方のブラハが対面強かった
だから勝ててたけど終盤は、橋の上で挟まれて辛かった
辛い時点で早くなんとなくすべきだった
あとやっぱ遠距離武器いるわ

ブラハにキャリーしてもらったようです。
どこかのマップの橋の上で挟まれて、身動きが取れなかったようですね。
「この場合どうしたらいいか」じゃなくて「この状況にならない移動をすべきだった」という反省。

味方2人の中国人はうまかったけどタイミングが早かった
俺がやたら遅れてたが、明らかに癒えてなかったのに突っ込んで案の定数的不利で死んでた

「もう少しで回復巻き終わるからちょっと待って!」という状況ですね、たぶん。
この試合は全体的に僕が遅れがちだったので、もっと判断を早くする必要がありました。

味方2人も何故あんな狙われるところから逃げないのか、という点と、俺も判断に迷った
いまだに最適解が分からないが、もっと早く引く判断をすべきだった
3人固まってフェーズティアで引けたかもしれない

たぶん位置取りが明らかに悪いのに、中々場所移動をしなかったんでしょう。
確かこの時期は僕も他人任せでした。
ゲームでも仕事でも、他人に命をあずけては行けない、と肝に銘じました。

1人倒せてラッキーだった
苦手な混戦でなんとかやれた
それと同時にインファイトでのディボーションの戦いやすさを再確認
上に登ったのも正解だと思う
でも地味に相手の方が一段文字通り上だった
あれは戦いやすかったと思う

文脈が支離滅裂なので複数のファイトについて書いてると思いますが、記憶にあるのは「苦手な初動ファイトで苦手なディボーション拾ったけど、普通にディボが強くて勝てた」ということです。

ディボ × インファイトは普通にいつの時代も強い。

味方パスが良くなかった
昔の俺みたいな、無策で情報もないのに突っ込んで死んで
遅れて行った俺たちも死んだ
俺が突っ込むのに迷ったのは、味方が行ったら行こう程度に考えていたからだ
味方が聡明だったら突っ込まないだろうし、そしたら2人でハイドしながら生きるつもりだった
あそこでの最適解はこれ

味方パスが突っ込んで即死。
野良プレイだからこういうこともあります。
で、その後の自分の動きが良くなかったという話ですね。
この時点ではとにかく情報が少なかった。
ただ、自分も味方Bも、「味方が突っ込んで死んじゃったからとりあえず自分たちも追撃しよう」みたいな負け思考に陥ってました。

本当にランクを上げたいならこういう局面では逃げるべきだったと思います。

今のは混戦の中裏から2発センチネルを直撃させたのが大きかった。
おかげであそこまで拮抗した
やっぱ単発をちゃんと当てるスキルは大事だ

センチネルにハマってた時期です。
ちゃんとチャージして、その上で重要な局面でヒット連発させられたら、ちゃんと貢献出来るんだなと再確認。

インファイトでも意外と戦えてました。

連戦で負けた
グッジョブ
結果的に負けたが二戦ともかなりCARが当たった
気持ち良かった

漁夫にやられましたね。
でもCARが当たって気持ちよかったみたいです笑

グッジョブ
チャンピオン
最後よくあの不利から優勝まで行ったね
でも俺はよくなかった
撃ち合いで不利だと思って咄嗟にまたアークスネアを放った
ダメ元のスネアは絶対に発動しない
したところで意味は薄いと分かっているのに
なによりあのスロー効果が痛いんだ
それならまだ削っていた方が良い
何度も言うが、これは撃ち合いのゲーム
撃ち合いができる状況下では、それ以外に上回る効果は無い。覚えておけ。

なんか優勝したけど悪い癖が出たみたいで反省してます。
何記事か前にも同じことを書いてますが、「撃ち合いの最中にアッシュのアークスネアを発動してしまう」という悪手についてですね。

やっぱりこれをついやってしまったようです。
Apexは「いろんなアビリティがあるけど基本は撃ち合いのゲームだからね」と公式が発言してます。
どんなアビリティが合っても、基本的には銃の火力を上回ることはありません。
それを肝に銘じた試合でした。

攻めと引のタイミングはベスト
味方もすぐ着いてきた
でも逃げきれなかったね
うまかった
逃げる時に謎にジップラインだしたけど意外と行けるもんだね

なんか逃げに関する反省が多くないか?

apexプレイログ
スポンサーリンク
adminをフォローする
ぱっかんのエペnote

コメント

タイトルとURLをコピーしました